雷山千如寺へようこそ

本年の秋期参拝につきまして

 この度、新型コロナウイルス感染症に罹患されました方々には、謹んでお見舞い申し上げますと共に、一日も早いご快復を心からお祈り申し上げます。また不幸にもコロナ禍によって犠牲となられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。併せて医療従事者の献身的な活動に対する感謝の誠を捧げたいと思います。

さて、本年も紅葉の時期を迎えようとしております。当院としましては例年通りに秋期特別公開を執り行いたく、準備を進めて参りました。しかしながら一時に比べますと新型コロナウイルス感染者の数は減少傾向にあるとは言え、未だに完全には終息しておりません。国外に目を向けますと第二波、第三波と多くの方が罹患されている現実も続いております。

このような状況の中で、本年は感染予防対策を講じながらのご参拝を、お願い申し上げます。皆様には必ずマスクを着用してのご来山をお願いいたします。マスクをご着用でない方のご参拝は原則、お断り申し上げます。さらに当院としましては、消毒液の設置、堂内の喚起、定期的な巡回による注意喚起等行いまして、感染の発生を防ぎたいと思っております。 

また、通常執り行っております観音堂内での参拝者へのご説明・読経につきましては、参拝の方が増え、堂内が密集し皆様の安全が確保できないと当方が判断した場合、大変申し訳ございませんが割愛させていただきます。密を避け、ご参拝の皆様のご健康・生命をお守りするための措置でございます。何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

また、皆様にこの度長くお願いしておりますお写経はすでに2000巻をこえる多くの奉納をいただきました。誠にありがとうございます。引き続きお写経をお願い申し上げます。お写経による功徳、皆様の祈りの力で一日も早くコロナウイルスが終息し、元の暮らしが戻りますことを、私どもも、共にご祈念申し上げます。

合掌

令和2年10月24日 

写経奉納のお願い

秘鍵上表文

千如寺大悲王院 住職 喜多村 龍介