雷山千如寺へようこそ

写経奉納の御礼とお願い

 この度、新型コロナウイルス感染症に罹患されました方々には、謹んでお見舞い申し上げますと共に、一日も早いご快復を心からお祈り申し上げます。また不幸にもコロナ禍によって犠牲となられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。併せて医療従事者の献身的な活動に対する感謝の誠を捧げたいと思います。
檀信徒の皆様には、新型コロナウイルス感染症が拡大の兆しが起こり始めました2月17日から、嵯峨天皇様の写経のご精神を継承する当院本山真言宗京都大覚寺の写経の精神に則り、終息の祈願をお願いする意味で、写経のお願いを続けてまいりましたが、5月31日の時点で、1458巻の写経を奉納していただきましたこと、心から厚く御礼申し上げます。
 ご奉納いただきました写経は、当院のご本尊様のもとで、ご祈願の後に大覚寺にお送りしまして、大覚寺に於きましても、皆様の写経を奉安していただき、終息の祈願をしていただいておりますことを、ご報告申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症も終息には向かってはおりますが、完全に終息は致しておりません。今後も終息への祈りは続けていく所存ですが、今後も写経奉納をお願いいたしますので、ご協力宜しくお願い申し上げます。
合掌
6月5日 千如寺大悲王院 住職 喜多村龍介

写経奉納のお願い

秘鍵上表文

千如寺大悲王院 住職 喜多村 龍介